医療保険は控除の対象なので申請を忘れずに

医療保険は控除の対象なので申請を忘れずに

医療保険

年末調整や確定申告で医療保険へ加入している方は控除の対象となります。これは医療保険へ加入しているからと言って、自動的に控除がなされるわけではありません。自分で控除申請をしなければならないので、忘れないようにやっておきましょう。医療保険の控除を受けることが出来ると、税金を軽減することが出来ます。基本的にメリットを得られるのは所得税と住民税です。医療保険において大きな保険料を支払っているのに控除申請をしていないと損となります。必要書類を揃えておき、しっかりと医療保険の控除申請をしておくようにしましょう。

医療保険の控除申請のタイミング


医療保険の控除申請を行うタイミングは、基本的に年末調整です。会社勤めの方は年末調整を受けることになります。必要書類を期限までに会社に提出しておくようにしましょう。どんな書類が必要なのかと言うと、これは保険料控除証明書が必要です。この書類は自分が加入している保険会社から送られてくるので、しっかりと保管しておかなければなりません。もし、この書類を紛失してしまった場合は早めに再送付を依頼しておき準備をしておきましょう。また、年末調整までに保険料控除証明書を用意出来なくても、最終期限までに提出出来るなら控除申請を行うことが出来るので覚えておくと良いです。

自営業の方の場合は確定申告で申請


自営業をされている方の場合、医療保険の控除は確定申告となります。確定申告では、基礎控除や年金など、様々な控除があります。いろんな控除を申請出来る方の場合は証明書の準備などがとてもややこしくなります。期限ギリギリで焦って確定申告をすると、申告漏れとなってしまうケースもあります。そのため、確定申告は余裕を持って一つ一つの準備を丁寧に行うことが大切です。確定申告はインターネットから申請をしたり、郵送で提出することも出来ます。予め準備をしておきますと、税務署へ足を運ばなくても簡単に申告出来るので、計画的に準備を進めておきたいところです。

医療保険の控除は大きなメリット


控除を受けられるというのは医療保険へ加入する一つのメリットでもあります。やはり、所得税や住民税を軽減できることで通常の支払金額よりは安い金額に抑えることが出来るので、しっかりと申請を出しておくべきだと言えます。やり方が分からない場合など、これは税務署へ問い合わせることで細かく内容を把握することが出来ます。直接対面相談出来ないという方でも、電話で問い合わせることで具体的な内容を把握出来るので、しっかりと相談をしておいて下さい。また、これから医療保険へ加入するという方も、上記のようなメリットを得られることを覚えておくと加入の判断をしやすくなります。

▸ この記事の続きを読む

法人保険の考え方

法人保険の考え方

法人保険

一口に法人保険といいましても、内資・外資それぞれの保険会社からが発売されている保険商品は多種多様です。その中から漠然と選ぶのは簡単です。しかし、限られた費用や時間で効率的に保険商品を選択・購入するのは非常に困難と言えます。法人保険を選ぶにはそれなりの注目すべき点があります。目的なく保険をかけるのならばその費用を営業費などに充当すべきだと思います。

保険の優先順位とは?

企業経営にあたり様々なリスクが存在します。保険はそのリスクの一部を少額の費用で最小限に抑える働きがあります。では様々なリスクに対し一律に充分な保険をかけることはどうでしょうか?全体的にリスク低減という観点からはベストです。
しかし、保険料というコストが増えますので経営の観点からはベターです。企業経営は常にコスト削減に対しての挑戦だと思います。それでは、ベストとは・・・・それは、リスクに優先順位を与えて重要なものから保険を手当てしていく方法です。

保険の選択と集中

重要なものを選択し、そこに保障(保険料)を集中させることが大切です。この重要なものの選択が出来ないと、必要のない保障に保険料(資金)を費やす事になります。
身近に起こりやすい事は情報が多くリアルに想像出来るため重要視する傾向にあり、有形資産を重要視する傾向にあります。今の事業に継続的に予想されるリスクがどの程度影響をあたえるかを判断の基準として、優先順位を考えます。そしてその次にその優先順位に沿って保険をお選びいただくことにより、限られた費用で効率よく選択出来ます。

法人保険に対して固定概念をお持ちではありませんか?

経営者は「保険」の提案と聞くと、概ね不快感を覚える方もおられます。それは今までの経験則で、提案内容に納得させてもらうわけでもなく、無理に押し売りされてきたり、お付き合いでの契約が多いからではないでしょうか?それで、提案内容を聞くまでも無く、「もう契約している」という言葉で断ってしまわれます。しかし、「保険」という金融商品は正しく活用すれば、信じられないほどの効果を発揮することが出来るものです。
本物の保険活用手法を得る機会が目の前に来たときには、その機会を大切にして欲しいと思います。保険の話ということで無下にあしらってしまうことなく、しっかり聞いて、公平に検証して、目の前の情報が本物なのかどうか、経営者自身で判断することが肝要です。

強い会社をつくりませんか?

仕事柄、多くの経営者とお会いする機会があります。どなた様も従業員を抱え日々努力している姿はとても立派で、感心しながらお話をうかがい、お取引させていただいております。
しかし、残念なことに年に少しばかりお取引が無くなってしまう企業様もあります。・・・倒産や解散です。その原因は様々ですが、ほぼ共通している事があります。それは資金繰りの悪化です。
例えば、取引先が不渡りで売掛金が回収不能に、頼りにしていた銀行は担保が無い(弱い)とさっさと身を引いていきます。結局ノンバンクへ・・・・その後は想像のとおりです。

近年、会社を設立するのが容易になりました。資本金の最低金額が大幅に引き下げられ、どなた様でも容易に起業出来るようになりました。しかし、起業した会社を長年継続させるのは大変なことだなあとつくづく考えさせられます。長い間経営をすればするほど様々な問題に遭遇します。
そこで、想定外の事象が発生しても十分に耐えうる会社にしておくことが大変重要です。でもその方法はどんなものがあるでしょうか?
ずばり、現金です。現金や流動資産を十分確保しておくことです。
それでは、決算をひかえ利益が出たらそのまま銀行に預金?・・・それも一つの方法ですが、銀行に常時1,000万円の預金を残すために1,700万円程度必要って耳にしたことはありますか?

そこで、次のような保険があることをご存じですか?
銀行預金=事業用生命保険に加入⇒同様の効果が!

【運転資金の確保】
短期的資金が必要となった場合、契約者貸付制度によってご加入の保険からご解約返戻金の80%〜90%の範囲でお借入ができます。銀行融資と異なり審査や保証人などは不要です。
5営業日ほどで受取り可能です。更に状況によっては、契約をご解約いただき解約返戻金を返済や赤字の穴埋めに活用できます。
【勇退退職金の確保】
退職時にご契約されている保険を解約します。会社が受取人となり解約返戻金を勇退退職金に充当します。長期に渡る保障が退職金の原資に変身します。
【死亡保障の確保】
銀行預金とは異なり、保険ですから当然の事ながら保障(経営者の死亡保障)があります。経営者に万が一の事態が発生した場合、会社は死亡保険金をお受取りいただけます。退職金規定を設け、遺族(奥様やお子様)に十分な死亡退職金を残せるようになります。
【損金算入のメリット】
銀行預金ともっとも大きな違いはここです。基本的にはお支払いいただいた保険料の50%、保険商品よっては100%を損金として税務処理いただけます。

◆法人保険の活用は経営を劇的に改善させるこができます

 
日本の保険業法下では、保険という商品は保障のために活用するものであって、節税等の経営戦略での金融商品的な使い方を前提にしてはいけないと言われています。確かに正論ではその通りです。しかし、建前ではなく現状ではどうかといえば、「事業承継対策、相続対策、資本増強対策」などの様々な場面で経営戦略として活用されています。不動産業界において不動産は証券化されて今では正に金融商品のようです。天候ですら金融商品のように売買取引がされる時代です。このように様々なものが金融商品化されているのが、時代の大きな流れになっています。日本の中小企業経営者の多くは世界の中で非常に不利な状況下で経営を強いられています。企業の利益にかかる法人税率は世界で一番高く設定されています。万が一経営に失敗した場合、経営者は融資(債務)に対する個人保証を強いられるため、会社(法人)が返済出来なかった債務(借金)を一生背負っていかなければなりません。

想定外の事象が起きても倒れない強い財務基盤を持つ会社にするためには、最新且つ最適な経営情報を入手して効率的な経営を行っていくことが重要です。経営における情報は本当に様々なものがありますが、その中でも特に有益となるのが、保険商品を活用するための情報であると思われます。同じ保険商品でも使い方や組み合わせ方、導入のタイミングなどにより、得られる効果に大きな差が生じます。法人保険の活用に関して本物の情報を得る事が出来れば、それは経営を劇的に効率良くします。また、本物の情報は必ずや経営を劇的に改善させる事になります。

▸ この記事の続きを読む

社会保障制度における保健医療の位置づけ

社会保障制度における保健医療の位置づけ

社会保障制度

現代社会は自らの責任において自立した生活を送ることになっています。しかし、すべての人が自立した生計を維持できるとは限りませんし、またいつ自立した生活が成り立たなくなる事態に見舞われるかわかりません。そのリスクを社会全体で緩和するのが社会保障制度です。社会保障制度には、公的扶助、社会福祉など対象者の状況に応じて様々な制度がありますが、誰もが避けて通ることができないのが、病気やケガです。安心して病院にかかることができれば、早期の社会復帰が可能となりますが、それを担保するのが保健医療です。一定の負担で医療を受けることができるので、安心できます。

社会保障制度の理念と役割


現代社会は自由主義の理念に基づいています。すなわち、個々人一人ひとりが自らの判断と努力により自立した生活を送り、その結果責任も個々人が負うという考え方です。しかしながら、誰でも年を取りますし、誰にでも疾病や負傷、障害などの働くことができなくなる事態に見舞われるリスクがあります。そこで、自由主義を修正して、自分の判断と努力だけでは解決できないリスクに社会全体で対応できるようにすることを目的としているのが社会保障制度です。社会全体で薄く広く負担し、万一の事態に見舞われた人に生活保障を行うことが社会保障制度の役割です。

社会保障制度の根幹たる保健医療


社会保障制度は、国民の生活を支えるセーフティネットの機能を持っています。国民が万一の事態に見舞われた際でも、その生活を支え、自立した生活に戻れるように支援を行います。国としての制度ですので、複雑な現代社会におけるリスクの下で生活するに当たって、安心感を与えてくれます。社会保障制度には、障害者や母子家庭などに対する社会福祉、特に生活が困窮している人に対する生活保護を中心とする公的扶助、そして社会保険、とりわけ病気になったときに一定の割合の医療費を負担すればサービスを享受することができる保健医療体制が社会保障制度の根幹をなしています。

社会保障制度における保健医療が果たす役割


日本では、すべての国民が公的な医療保険に加入する国民皆保険制度が取られています。これにより病気やけがをしても、一定の割合の医療費を負担すればいいので、安心して医療機関を受診することができます。さらに、入院が長期化したり、高度な医療を受けることにより、医療費の自己負担額が膨らむことがあります。その際、医療費の負担を軽減するため、医療費の自己負担の限度額を設定し、当該限度額を超えた金額は払い戻す高額医療費の制度があります。また、難病など特定疾患や人工透析などについて一定額が定められており、誰でも安心して治療できることが、保健医療の役割です。

▸ この記事の続きを読む

社会保障制度における各種の問題点

社会保障制度における各種の問題点

社会保障制度

社会保障制度とは、主として会社員や会社経営者あるいは個人事業主が引退をして第一線で活躍できなくなった場合においての生活費を国が支給してくれる制度とされています。また、働けなくなった場合に付与される社会保障ですが、これは老齢年金がメインとなっています。老齢年金ですが、これは現在では65歳以上の人を対象に支給をされる事になっています。ただ、問題点として考えられる事ですが、60歳で定年退職をした会社員の場合、60歳以上でもまだまだ会社員として働けるのに仕事ができないときに年金が支給されないという場合、問題点は非常に多いとされています。

社会保障制度である老齢年金の問題点について


老齢年金ですが、これは先述したように会社員や経営者等が老齢で、第一線で活躍をできなくなった場合に国が支給してくれる生活保障制度となっています。60歳で引退をした会社員の場合、仕事が見つからないときは退職金で生活をしていく事になってしまい、老齢年金が65歳以上でなければ支給されないのであれば問題点は在るかもしれません。老齢年金の問題点ですが、これは所得税法上の所得とみなされているという事です。年金が支給される場合、これは所得税が課されるという事を受給者は意識しなければならないでしょう。また、老齢年金は65歳にならなくても支給可能となりますが、その場合は支給額が減額されるという短所が在ります。

所得非課税の社会保障制度の問題点について


社会保障制度ですが、老齢年金は課税所得となっています。ただ、現役世代の人で会社が倒産してしまった場合や、会社が経営不振に陥って雇用関係を継続できなくなってしまった場合に労働者が職を辞さざるを得なくなったときには、補償という意味での給付金が所得非課税で支給される事になります。失業した場合、雇用保険に加入している人であれば失業手当等が支給される事になります。失業手当制度ですが、問題点が在るといいます。それは、支給される給付金は行政官庁から厳しくチェックされるという事です。就職活動をしていない場合は支給されません。ただ、「就職のために必要となる資格を取得する場合」は支給対象となります。

所得非課税の社会保障制度である障害年金等の問題点


社会保障制度で所得非課税となるものには、障害年金も在ります。これは、身体あるいは精神面に支障が出て労働不可になった場合、行政官庁が認定した場合に障害年金を支給する制度です。障害年金ですが、労働者や会社経営者では障害が出た場合、前者であれば法律上は手厚い保護が受けれる事になっています。前者は後者と比べると保護の対象とみなされ、歩けるものの障害が残った場合は厚生年金での障害給付が支給される事になります。経営者が労働不可となった場合、歩行できるものの障害が在れば国民年金の障害年金の対象となるでしょう。ただ、失明した場合や常時車椅子という状態でなければ支給されない事になります。

▸ この記事の続きを読む

贈与税がかかるかもしれない、保険の注意点とは

贈与税がかかるかもしれない、保険の注意点とは

相続・贈与

今、生命保険に加入をする人がとても多くなっています。そんな生命保険ですが、実は保険金を受け取る際に色々税金がかかってきます。しかし、この事をあまり知らずに加入をしてしまう人がいるので注意が必要です。実は保険の受取人によって、贈与税など色々税金がかかってくるので、しっかりとこの部分を覚えて加入する場合は意識をするようにしましょう。

贈与税がかかるかもしれない生命保険の意外な落とし穴に注意


今、生命保険に加入する人が年々増加傾向にあり、全体の約8割が何らかに加入をしていると言われています。そんな生命保険ですが、実は意外な秘密があります。この部分をしっかりと覚えておかないと、後々損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。では実際に加入をする場合の落とし穴はどの様な事でしょうか。まず、生命保険に加入をする場合、保険金の受取をする人が誰か、被保険者・契約者は誰かによってかかってくる税金が変わります。かかってくる税金としては相続税、所得税、贈与税と色々あるので、自分が加入をしている場合は誰が受取人かしっかり確認をしましょう。

生命保険に加入した際どんな時に贈与税がかかるのか、その注意点


加入をし、実際に保険金を受け取る際は色々な税金がかかってくる事がわかりましたが、その中に贈与税というものがあります。その贈与税はどの様な時にかかってくるのでしょうか。まず加入をする場合契約者、被保険者、保険金受取人があります。この関係によって色々税金が異なるので、加入をする場合は受け取る人をどうするのかなどじっくりと考える必要があります。例えば、契約者を父親、被保険者を母親、受取人を子供にしましょう。この時、実は贈与税が発生してしまいます。これ以外にも、契約者と被保険者が一緒だった場合で受取人が違う場合は相続税がかかったり色々とかかる税金が異なります。

保険で損をしない為の注意点、贈与税はお得なのか


この様に、保険に加入をする場合は様々な税金がかかってくるので注意が必要です。最初にあげた様に贈与税の他に相続税、所得税がかかってきますが、一番税金を安く抑える事が出来るのはどれなのでしょうか。この場合、契約者と被保険者が同一の際、相続税がかかってきますが、この相続税が一番税金を抑える事が出来ます。その為、贈与税がかかってしまうと損をしてしまう場合があるので注意が必要です。加入をする場合は税金の事まで考えながら契約者を誰にするのかなどしっかりと考えていきましょう。そうする事で安心して加入をする事が出来るでしょう。

▸ この記事の続きを読む

個人年金タイプの保険を相続するとき

個人年金タイプの保険を相続するとき

相続・贈与

個人年金タイプの保険を相続するパターンとして、自分で積み立てて受け取るタイプの場合には相続税になります。これは亡くなった人の資産と考えるからです。払い込みをした人と受け取る人が異なる場合は、亡くなった人の資産とはみなされません。払い込んだ人から受ける贈与と考えられ、贈与税がかかります。税率も高くなります。企業が行う企業年金は目的が退職金の支払いになります。ですから扱いは退職金と同様になります。受け取った時は相続税として課税をされるので、贈与税に比べると支払うお金を減らすことができます。契約で税金が変わります。

個人年金の受給権を受けるとき


個人年金は老後の生活費のために行う貯蓄の一つです。一定の保険料を毎月払っておき、一定年齢になると受給権を得ることができます。それ以降生活費として受け取ることができます。受け取れる金額は自分が支払った金額にわずかな上乗せがされるのみです。自分で払い込みをして自分で受け取れる個人年金を相続するときはその人の財産を受けることになるので相続税として課税がされます。払い込んだ金額と受け取る金額の差額を所得税で計算するなどのことはありません。受け取る権利すべてが亡くなった人の資産と見なされます。それを相続する形です。

保険料を負担していない被保険者の受給権を受ける


個人年金に加入をするとき、被保険者と支払い者が別になることがあります。夫が被保険者で妻が支払い者などの場合です。この年金の受給権を相続した時には税金としては何が適用されるかです。この時には贈与税になる場合があります。受け取る人の物よりも払った人の物との認識が強くなります。相続とは関係のない受給権の移動とみなされるので相続税ではなく贈与税がかかることになります。相続税にしたいなら払う人であったり契約をする人などの関係を変更しておく必要があるでしょう。加入をするときに意識しないといけない場合もあります。

会社などが設定する退職年金を相続する


会社では企業年金と言われる仕組みで退職金の用意をすることがあります。生命保険会社などが持っている商品で、会社は従業員ごとに一定額を積み立てます。従業員が退職をするときにはその規程に基づいて生命保険会社などから給付が受けられます。名称としては年金ですが、実質的には退職金と同様になります。死亡が原因で会社を退職することになりこの年金を受け取る場合があります。この時の税金は死亡退職金を受け取ることと同様になります。退職金は元々があまり課税のないような仕組みになっています。ですから課税金額は少なくなるでしょう。

▸ この記事の続きを読む

貯蓄保険の利率は払い方や受け取り方で変化させる

貯蓄保険の利率は払い方や受け取り方で変化させる

貯蓄保険

銀行を選ぶときと同様に貯蓄保険を利用するときには保険会社を選びます。利率が高いところを選ぶでしょう。より多くお金を受け取りたいならさらに工夫をすることで行えます。まずは受け取り方があります。一時にもらうよりも年金として分割してもらった方が多く受け取ることができます。今すぐにお金が必要でない場合は受け取る時期を遅らせるようにします。遅らせる分だけ運用期間が長くなり多く受け取れるようになります。払い込む期間はぎりぎりまで行う全期払いより、まとめて行う短期払いが良いです。銀行預金やボーナスなどをうまく活用して早めに積み立てます。

一時金よりも年金方式で受ける


貯蓄保険の受け取り方としては一時金として受け取る方法と年金として受け取る方法があります。一時金は一括してまとめて受け取る方法です。65歳の時にまとめて受け取るなどができます。老後に商売をしたいのでまとまったお金が欲しい場合にはこの方法が良いかもしれません。一方で特に緊急の用事がないなら年金方式にします。毎月や毎年少しずつ受け取ります。受け取る期間が長くなるので、後からもらう分はそれだけ利率が良くなります。多く運用されたうえで給付されます。10年で給付を受け取るようにすれば、かなりアップできる場合もあります。

受け取り開始年齢を遅くする


国民年金の通常の受け取り年齢は65歳になります。今のところ繰り上げとして60歳から受け取ることができますが、この時にはかなり給付額が落ちます。一方で70歳まで我慢することで給付額を多くすることができます。貯蓄保険を利用するときも受け取り年齢を遅くすることができる場合があります。遅らせれば遅らせるほどその分保険会社で運用してくれるので利率としてはアップすることになります。我慢をしてまで遅らせることはありませんが、資金的に余裕があって今すぐ必要でないなら少し先延ばしにしてみます。ほんの少しでもアップできます。

一時払をして長く運用する


貯蓄保険に加入するときにはできるだけ利率のいい会社の商品に加入をします。これは加入するときのそれぞれの保険会社の利率を比較することでチェックができます。できるだけもらう金額を増やすにはどうするかですが、お金の余裕があるときには一時払をすることを検討します。本来なら毎月一定額ずつ積み立てを行います。それを一気に払い込む方法です。すでに何らかの形で資金準備ができているとします。そういった方は、銀行に預けるよりも効率良く資産形成ができるようになるかと思います。

▸ この記事の続きを読む

貯蓄保険10年満期、養老保険と定期保険で比較してみる

貯蓄保険10年満期、養老保険と定期保険で比較してみる

貯蓄保険

貯蓄保険10年満期で保険の加入を考えた時、保険会社には多くのプランがあり、また特約なども含めると細かい設定が可能となります。一口に保険と言っても沢山の種類があり、保険料や保障額も様々です。また保険会社によっても差別化を図っているため、選択肢が増える分より難しくなってきます。資産形成の保険で有名なのが養老保険ですが、資産形成をするつもりで、毎月、または年払いで支払いながら保障もつけていくと目的に沿っていきます。今回は養老保険と定期保険の2つに絞って、その特性や特徴を交えて、また保険料を比較しながら述べていきます。

貯蓄保険10年満期を養老保険で考える


貯蓄保険10年満期といえば養老保険が手っ取り早い方法です。今や養老保険には契約の形態を変えるだけで様々なバリエーションが増えていきます。ここでは保険の特徴と福利厚生のプランを述べていきます。この保険の特徴として、契約者に万が一の事があった場合には死亡保険として、満期時には満期金として受け取れます。次に福利厚生プランとしてハーフタックスプランと逆ハーフタックスプランの2つがあります。ハーフタックスプランは保険料の半分が損金として計上します。逆ハーフタックスプランは企業と契約者が保険料を半分ずつ負担することで、半分を損金、もう半分を給与として支払うので、全額損金としてみることができます。

貯蓄保険10年満期を定期保険で考える


貯蓄保険10年満期を定期保険で考えた場合、保険料を割安にして、その分10年間の保障を確定してしまうという方法です。積み立て期間を長くした場合で、70歳満期というような長期の場合には長期平準定期保険となります。この保険の最大の特徴は、支払う保険料に関係なく保険加入の期間は保障額が確定しているということです。この保険期間内に万が一の事があった場合、保障額分で銀行からの融資分、退職金全て相殺する事が可能です。注意が必要なのは満期の翌日からは保障は受けられなくなります。ちなみに保険料は全て損金として計上します。

貯蓄保険10年満期、養老保険と定期保険の保険料で比較


ここまで貯蓄保険10年満期を養老保険と定期保険の特徴を述べましたが最後に保険料で比較してみます。保障期間10年、年払い、保障額1億円でシミュレーションしてみます。養老保険の場合、保険料は9,930,400円で10年後には99,304,000円となり、満期金は1億円となります。次に定期保険の場合、658,438円です。10年後には6,584,380円ですが満期までの間に万が一の事があった場合には、保障は1億円です。契約満了後には、契約の内容にもよりますが、解約せずに払い済みとすれば保障は続きます。

▸ この記事の続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 next

知って得する保険ジャーナルとは?

保険は選べる時代。いろいろな保険があるのはなんとなくわかるけれど、保険選びは何を考えて選べばいいか、ほんとうはよくわからない。結婚したから、子供ができたから、30歳になったから、50歳を過ぎたから、これまでの保険を見直したい、新たに保険と付き合いたいと思うきっかっけはそれぞれであれ、さて?

不安だらけの保険選びをきちんと知りたい。そんな悩みを解消する「知っておきたいマル得保険の知識と情報」をまとめてコラム集にしました。ぜひご活用ください。

知って得する保険ジャーナル」編集局・銀座保険サービス・ブログ

本日、「知って得する保険ジャーナル」の記事の掲載をスタート致しました。

保険に関するお問い合わせ 

PAGE TOP